採用情報  EMPLOYMENT INFORMATION

冨永 望

  • 冨永 望

  • 管理部 総務課

    人間文化学部 地域文化学科 卒 2007年入社

これが私の仕事

冨永 望

社員の働きやすさ改革! 現在の所属部署は「総務課」です。
管理部と言えば世間的に裏方のイメージがありますが、当社は部署間の力関係で優劣が無く、何事にもお互いの意見を出し合える社風があります。
そんな中で、会社を取り巻く環境が今、変化しています。
2017年7月の京阪グループ化に伴い、大企業並みの内部統制や人事制度が求められるようになりました。
また、2019年からは、働き方改革関連法案について具体的に労働環境が変革する時代に入ります。
従来の良い所は残しながら、未来に対応する制度に変革する。
人事・労務・法務全般的に制度見直しの時期を迎えた今、この先5~10年間は、会社の旗振り役を総務課が担っていると言っても良いのではと感じています。
自分の仕事や意見が、どんどん会社の制度に変わっていく日々に、やりがいを感じて貰えると思います。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

「ありがとう」と言われる機会が多い仕事です! 総務課の仕事をしていると、「ありがとう」と言われる機会が多いです。
同僚・上司からのちょっとしたお願いに、いかに素早く対応するかを心掛けています。
日々のちょっとした仕事が社員に喜ばれる、それが、マイホームを買って下さったお客様のご満足に繋がっていると思うと、一見、事務的な業務内容も、日々の業務も楽しく思えて来ます。社会人は一日の大半を会社で働いているので、楽しいと思って仕事ができる環境は嬉しい限りです。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

冨永 望

京都の街づくりを第一に考え、京都の住宅業界を牽引する企業 大学時代は、町家や古い街並み保存の研究をしていました。ゼミでインターネットをしている時に、たまたま、京都で古民家改修事業を手掛けた当社のHPを見つけたことが入社のきっかけです。実際は、古い町家を壊して新築を建てることの多い会社でした(笑)。
ただし、「京都の街づくりを第一に考える」・「京都に長く安心して住める家を残す」という企業理念の基、行政・大学等とも協力しながら、新しい街づくりのコンセプトを生み出すプロジェクトが本当に多く、京都の住宅業界を牽引する企業としての誇りを持っています。

これまでのキャリア

入社12年目。6年間は営業としてお客様に住宅を販売し、100組以上の方にマイホームをご購入頂きました。一つ一つに思い出が満載です。
2014年から管理部へ異動。数年ごとに営業管理課→経理課→総務課(現在)と各部署を経験しています。
その中で、管理全般の知識を横断的に身に付けると共に、会社全体の繋がりが見渡せる様になりました。「現場を知る管理」である事が私の強みです。

学生のみなさんへメッセージ

本当に自分に合う会社に出会うためには、たくさんの会社の中から、自分の考えや関心のあることに近い会社をいかにして探し出すかが大事だと思います。
まずは自分の興味関心がどこにあるのかを知り、企業研究に取り組んでください!

ページトップへ